御幸毛織

日本人の体型や肌の色にもっとも映えるスーツ服地を知っている
といえるのは、やはり国内ブランド。

その中でも御幸毛織は国内最高峰と評価されることが多く、
1905年(明治38年)に愛知県名古屋市において、
製織、染色の工場として創業して以来、1953年のミユキテックス、
1958年のミユキ・ファンシーテックスなどヒット商品を
続々と生み出したことで、国内最高級服地ブランドとしての
地位を不動のものとしていきました。
当時日本テレビで御幸毛織が番組スポンサーとなっていた、
日曜・朝放送の「ミユキ野球教室」はご記憶の方もいらっしゃるかも
知れません。

現在では、テキスタイルからファッションビジネスまで100年以上
にわたって最高の服地を追求し続ける御幸グループの中核となる
御幸毛織。
服地の特徴は、ハリ、コシ、光沢感、しなやかさのどれも申し分がなく、
比較的大人しめな色柄は、品質の高いビジネススーツとしておススメです。