各縫製ラインの違いについて

-

Pitty Savile Rowでは、現在ビスポークライン、Ex-madeライン、
カスタムラインとそれぞれ長所をもつ3社の縫製工場と業務提携をさせて
いただき、お客様のスーツをお仕立てさせていただいておりますので、
各縫製仕様によって異なるシルエット、詳細対応の可・不可の中から、
そのときのご着用目的にあったお仕立てをお選びいただくようおススメ
させていただくことができるんですよ。。
どの縫製ラインでもお客様の体型にあわせた寸法調整は問題なくさせて
いただくことができますが、パターンオーダー的に、お客様の体型に一番
近い型紙を使用させていただいた上で、寸法の微調整をさせていただく、
カスタムライン、Ex-madeラインに比べて、ビスポークラインのみ当社で
型紙を起こすことからお仕立てをさせていただいておりますので、寸法の
微調整、細かなディテールにも対応させていただくことが可能です。

カスタムラインでは、シルエットパターンを基本に寸法の微調整、
豊富なオプション類から手軽に本格オーダーを楽しみたいお客様
カスタムライン

Ex-madeラインでは、釦位置指定、フロントカット、衿幅指定
袖シルエット形状(袖フレアなど)ほか更に詳細なカスタマイズをご希望のお客様
Ex-madeライン

ビスポークラインでは、高級素材を最も高い品質の縫製でお仕立て
また、型紙から仕立てる縫製だからできる詳細なディテール調整など
ビスポークライン

をご希望されるお客様が多いようです^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

2パンツスーツで裾変更できます。

-

お仕事用スーツにはなにかと便利な2パンツスーツ
一般的には同じ形のパンツをお作りいただくことになるのですが、
オーダーフォーム備考欄でご指定いただくことで、パンツ裾形状のみは
シングルダブルモーニングカットなどを各1本ずつ裾変更して
いただくことが可能です。
その他の箇所・・、例えばタックを1本はノータックでもう1本はワンタックや、
後ろポケットを1本はフタ付きでもう1本はフタなしなどの場合には、
単品パンツ扱いとして、スーツ価格+単品パンツとなりますので、
ご注文時お問い合わせいただければと思います。

ここ数年はクールビズも含めて、スラックスへの関心度が
増しているため、オーダースラックスを単品パンツ価格よりも
割引価格でお仕立ていただける2パンツスーツはとても人気が
高いオーダーアイテムとなっています。
特に、お手持ちスーツの1着として持っていたい、チャコールグレーや
ネイビーなどの無地スーツで2パンツスーツを仕立てて、
上下揃いのスーツとしても着用し、またジャケットを脱いで
夏用のビジネスパンツとしても兼用するなどという着こなしは、
現在のスーツ事情ではとても賢いオーダー方法です^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

こげ茶のベルベットの生地を探しています。

-

ベルベットはソフトな感触で濡れたような光沢感のある素材ですね^^
もちろん当店でも入手は可能ですが、通常在庫としてご用意のない素材ですので、
ご予算などお知らせいただきましたら、枠内でお探しすることができるかと思いますよ。
また、ご発送先にサンプルチップをお送りすることも可能です。

Pitty Savile Rowでは、多くのブランド生地、柄などのものを
サイト掲載させていただいておりますが、それら生地柄の中から
2点限定のサンプルや、7~8点を収録したカタログサンプルの
発送ご依頼をしていただくことができるサービスのご用意をしております。
まず、サイト内の生地をご確認いただき、お仕立ていただく候補生地の
サンプルを専用フォームよりご依頼いただくか、もしなければ、
どのような色柄と柄指定をしていただくことで、お手元で生地確認を
していただくことができるサンプルをお送りさせていただくことが
できますよ。。
是非、ご検討下さいませ。

–追記–
記事ご掲載日以降、毎秋冬シーズンにベルベット生地
また、英国の老舗生地ブランド、ハリソンズ オブ エジンバラ(Harrisons of Edinburgh)
よりコットンベルベット生地各種をサイト掲載させていただいております^^

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

持ち込み生地でオーダーはできますか?

-

Q:知り合いから生地をプレゼントされたのですが、持ち込み生地でのオーダーはできますか?

A:お客様から持ち込みいただく生地を、先地というのですが、
当店では先地での縫製をお受けしております。
縫製工賃につきましては、
メンズEx-madeラインレディーススーツ スーツ¥25000(税抜き)
カスタムメイドラインスーツ スーツ¥30000(税抜き)
ビスポークラインスーツ スーツ¥40000(税抜き)
チェンジポケット袖本開きなどオーダーオプションにつきましては、
当サイトでご注文いただく通常のオーダーに準じさせていただきます。

※下記フォームよりお見積もり・オーダーのご依頼をいただけます。
Ex-made】【カスタム】【ビスポーク】【レディース

※スーツデザインなどについてよくわからない方は、
お仕立て生地、サンプルスーツを当店あてお送りいただくなど
ご依頼いただくことで、おススメシルエット・デザインなどを
ご案内させていただけます。。

また、お客様お持込の生地で一番心配なのが、生地巾と長さなのですが、
これはお客様の体型、オーダーデザイン、要尺との兼ね合いですので、
ご注文いただきます時にご確認が必要です。
デザインによっては、生地要尺が多く必要なものもありますので、
そのデザイン以外ならお作りいただける・・、という場合もあります。
着分生地は一般的には3.2mが標準、生地巾は150cm前後が多く、
この長さの生地なら標準体型の方がベスト付き3ピーススーツ
お仕立ていただくのに充分な長さになります。

近所の仕立て屋さんが廃業したとか、故人が洋服好きで
仕立てずにホコリをかぶっていた今では織られていないような
柄の高級舶来服地が思わず手に入ったので、というようなご依頼の
際には、現在通常のスーツ要尺が3.2mほどで取引されるのに
対して、当時の日本人の平均的体型が現在よりも小柄だったため、
2.7~2.8m程度でカットされていることなどもあり、
また、長い間の生地の保存状態、虫穴なども心配です。。
お仕立てをご依頼いただく生地の状態をご確認いただく
必要があるかも知れません。。
いわゆるデッドストックの生地で仕立てるスーツなどは、
思いがけなく仕立て映えが良く、おしゃれ好きには、
うれしいスーツとなることがとても多いですよ。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

ビスポークラインとカスタムメイドラインの違いを教えて

-

どちらの縫製ラインでも採寸させていただく基本箇所は同じですが、
型紙・縫製が異なるために、仕上がり品の雰囲気が違ってきます。
ビスポーク仕様は小規模縫製工場の
職人集団がその高い縫製技術により
スーツをお仕立てさせていただく縫製ライン。
風格のある落ち着いた仕上がり感が特徴的です。
Ex-madeラインカスタムラインは完成度の高いシルエットパターンや、
ディテールデザインを基本に、お仕立ていただく本格オーダースーツ。
寸法的な微調整や、デザイン変更にもビスポークラインほどでは
ありませんが、対応させていただけます。
”ビスポーク”という名前の由来は、”be spoken”、お客様とお話ししながら
お作りするスーツの構想を固めていく・・、という高級志向のスーツに
よく用いられる言葉からです。
ネットでのオーダーは、オーダーフォームをご利用いただいたり、
お問い合わせをいただくなどしてメール対応させていただくご注文方法。。
お店では対応できない・・、また、ネットだから実現できるきめ細かな
対応ができるのだと思いますよ^^
店長も、お客様からのお問い合わせ内容に、パソコン前でよく悩んでおります。。

また、ビスポークラインは高級志向である・、ということのほかに、
型紙から起こしてお作りするオーダーであるために、詳細デザインのご指定が可能です。
テーラードスーツの範囲内でしたら、大体大丈夫だと思いますよ・・、
カスタムメイドラインなどはご提案させていただくシルエット、デザイン等は
とても豊富ですが、寸法調整・詳細デザインについての
ご対応がビスポークラインほどの巾がありません。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

生地カタログの使用方法

-

サンプル・生地カタログご依頼フォームからカタログをご請求いただきますと、
当サイトからシーズンの厳選素材満載の生地カタログをご発送させていただきます。
また、サイトご掲載生地のうち、気になる2点のサンプルチップをお送りさせて
いただくサービスも実施しておりますので、お気軽にお申し付けいただければと思います。
秋冬シーズンなら人気のハリスツイードドネガルツイードフラノ
春夏シーズンならコットンリネンサマーツイードなど、スーツ生地はもちろん、
ほとんど全てのご掲載生地サンプルをお送りさせていただけます。

カタログからお気に入りの生地がみつかりましたら、
サイト内生地ページのサイドバー若しくはページ下段にある対応の
オーダーフォームから、ご選択生地・デザイン等をご指定いただけます。
ご送信いただきました、生地素材番号・デザイン詳細及び採寸結果をもとに、
当店で縫製指図書を作成いたします。
その指図書をもとに、縫製過程に入ることになります。

◇お気に入りの生地がお決まりになりましたら、
ご注文いただくスーツデザインをお決めいただくのに
下記サイト内のページをご参考いただけます^^

◇デザインご選択のお助けページ
◇デザインスーツを作りたい、現在着用中のスーツを送れない
◇スーツ的ファッションブログ
◇PSRスーツスタイル
◇スーツシルエット

かっこ良く着心地の良いスーツをお仕立て下さい。。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

婦人物オーダーできますか?

-

レディースオーダースーツは、9種類のレディース専用の
ジャケットシルエット、3種類のパンツパターンの中から
お好きなシルエットでお仕立ていただけます。

ビジネス用にご利用いただける、カノニコゼニアダンヒル
ドーメルなど高級服地は、日本製の高耐久素材などを用い、
体型にあったシルエット、ご希望デザインでお仕立ていただく
ことができるオーダースーツ、ジャケットパンツのコンセプトは
メンズスーツ同様。
ご希望に沿ったカスタマイズにも対応させていただけますよ。。

オーソドックスな全年齢対応タイプの
レギュラースーツ、人気のタイトスーツのシルエットとしてレディースタイト
レディースキャリアの2タイプ。ほか、女性らしいシルエットが特徴的なレディースライン、
プリンセスライン、バスト・ウエストの差寸をきれいなラインでカバーするボディーライン
ドロップラージなど。パンツもレギュラーローライズバギータイプの3パターンから
お選びいただけます。

ビジネスでスーツをご着用いただくご婦人の中には、
「既製スーツでは号数が限られていて、お直しも多く、
直してるとせっかく気に入っていたラインも崩れ、
原型をとどめない・・」など
多数ご要望をいただいておりましたので、レディーススーツ用
ページもがんばって更新中です^^
また、レディーススーツ専用のオーダーフォームをご用意させていただいておりますので、
寸法的な着心地の良さのほかに、デザイン詳細もごご指定いただけます。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

シングルスーツの3釦で中段返り?

-

既に定着してしまった感のあるクラシコイタリア調・シングル3釦の中段返りですが、
高級感ある衿の豊かなロールと、よくある3釦2掛との外観上の差から、
当サイトでもお選びいただく方が多いです。
これは、3ボタン2掛けスーツの衿の返り位置を少しだけ下げて、
3個ボタンのうち真ん中1個しか留めないやり方で、このデザインですと
胸開きが広く取れ、ゆったりと着こなすことが出来るのでご年配でも
着こなせる3釦という位置づけですが、これを若い方が着ると、
ファッション上級者のように見せることができて、おススメです。

3釦2掛は、わかりやすくシングル3釦上2掛けということもあります。
現在ではクラシコスーツばかりでなく、ブリティッシュスーツのフロントデザイン
としても選ばれることが多くなっています。
これと似たフロントデザインに、アメリカで好んで着られるビジネススーツ
アメトラの代表的なデザインとして、シングル3釦段返りがあります。
3釦段返りは、3つある釦のうちの、真ん中釦穴中央を衿の返り線が
通るもので、3釦中段返りに比べるとシャツ・ネクタイの見える
ブイゾーンが4~5cm程度広くなっています。
どちらもジャケットの第一釦は止めないので、着心地が楽なのは変わり
ありませんが、見た目に中段返りのほうが3釦2掛に近く、
視点の高いスーツとなっています。

【シングル3釦中段返り】

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

足が長く見えるようにスーツを作りたい

-

オーダーでは寸法、デザインともにご指定がいただけますので、
ご希望の”足が長く見えるようなスーツ”をお作りいただくこともできますよ。
やはり基本としては、
①ズボン丈を長く(股下寸法を長め)
②股上を浅く
③ヒザ位置を3cm程度上げる美脚補正
④不必要に太くせずタイトに・・、ということだと思います。
パンツの股上を浅くすることでヒップが小さく見えますし、
レディーススーツでは、ブーツカットローライズは1セット。

あと、ジャケットのデザインでは、サイドベンツにしておくと
ヒップから足が見えるので、足長効果が狙えますよ。
かっこ良いスーツのバックスタイルには、足長に見せる
パンツシルエットとサイドベンツのジャケットがおススメです。
オーダージャケットならではのカスタマイズで、サイドベンツの深さは
寸法指定していただけます。普通はベントの深さを考えることは少ないと
思うのですが、逆に浅くコンポラスーツ調のベントや、標準ではジャケット丈の
3分の1程度の長さのベント長くするディープ・サイドベンツなど、
ベルトが見え隠れするほど深い切れ込みで、見た目のインパクトと
すっきりとスマートに長い足を効果的に演出します。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

パンツウエスト部を「帯なし」に

-

パンツウエスト部の作り方に、「帯なし」「帯つき」という言い方が
ありますが、既製服などの場合には「帯つき」がほとんどです。
ご着用中のスーツをご確認いただくとすぐおわかりになると思うのですが、
ループのついたベルトをする部分に巾3.5cm程度の帯がぐるっと
1周つけられていると思います。
レディース用のパンツでは3cmの帯巾が標準。

「帯なし」はこの帯がつかずに、1枚の布で腰部も作られています。
作り方からして、「帯付き」のほうが耐久性に優れている・・、とはいえると
思いますが、「帯なし」のほうが履き心地のよさと後々の補修などに利点があります。
また、デザイン的にはクラシックなオーダースーツらしいデザインですので、
クラシコスーツばやりの近頃では店側としてもけっこうお薦めするデザインです。
この「帯なし」「帯付き」はオーダーフォームからお選びいただけます。

「帯付き」には、標準では3.5cmとなる帯巾に4cmや4.5cmなど、
幅広の帯がご用意されており、ベルトレス(ループなし)などでお仕立ていただくことが多い
持ち出し付き釦止めの前釦の数が、幅広の帯となると1個が2個となるなど、
デザインにも差がでます。
オーダーパンツでは、更にこの帯を深く浅くなどハイウエストローライズタイプのローウエスト、
ベルト巾に合わせてなどバリエーションを楽しめます。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/