袖丈寸法の調整について

-

袖丈寸法の調整については、詰める分には比較的は問題ないのですが、
伸ばす場合にはオーダーでも縫込み(縫い代)をこの部分の場合には
多くて1.5cm程度しか残していませんので限度があるかと思います。
通常当サイトでオーダーをいただく場合には、寸法調整にも対応させて
いただいておりますので、お納め後に袖丈寸法のお直しを
いただくことはほとんどありませんので、ご心配はいらないかと思うのですが、
長くご着用されていると、「クリーニングなどで袖丈が詰まってしまった」・・、
または、「袖口がきずついてしまったので、少し詰めて隠したい」など、
お問い合わせいただくこともありますので、そのような場合には、
お直しさせていただくこともできますよ。。

※このジャケットの袖丈調整につきましては、オーダースーツのデザインで
人気の高い、「袖本開き」や「袖半額縁仕立て」で作った袖先の場合には、
額縁仕立てという、袖丈調整には難しい縫製処理がされているため、
オーダー時の袖先寸法をお決めいただく場合には、若干の注意が必要です。

ご注文時、サンプルスーツを当店あてにお送りいただく際に、
スタンドミラーなど姿見の前で、袖丈寸法とジャケット丈、
袖先から見える手首の量などとのバランスをご確認いただき、
調整させていただく必要がある場合には、プラスマイナスの
調整寸法をお知らせいただければと思います。。

【お直し関連URL】

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

貴社で作ったスーツではないのですが、直してもらえますか?

-

Q:体型が変わってしまい着る事ができないスーツなのですが、
柄と素材がとても気に入っています。
貴社でオーダーしたものではないのですが、購入店は既製服の販売店で
あるため、ウエスト調整ぐらいはできるものの、その他の細かな調整
できないといわれてしまいました。
ジャケットの胴回りと、パンツのモモ巾、ヒザのあたりも少し細くしたいと
思うのですが、直してもらえますか?

A:他社製品でももちろんお直しさせていただきますよ。
ただ、仕上がってしまっているスーツは、釦位置やポケットの位置が
既に決まってしまっているために、お直しにも限界があります。
どの程度のお直しかは事前にご連絡いただきましたら、
ご相談に乗らせていただきます。
また、今回は細く詰めさせていただくお直しですが、太く大きくお直し
する場合には、そのスーツ自体にどれぐらいの縫込み(縫い代)が
あるかで、巾だしできる寸法も決まってしまいます。
既製品の場合には、パンツウエストで3cm程度が目安ですね。

また、スーツご注文時にご愛用スーツを当店あてにお送りいただく際、
「一番のお気に入りスーツだが、微調整したい・・。ついでに直して欲しい。」
というご依頼もよくいただきます。
はじめはぴったり合っていた寸法でも、体型の変化や時間の経過によって、
流行も変わります。少しの調整で更に着心地良く、かっこ良くご着用
いただくことができるようになります。

リフォーム的なデザイン変更のご相談もお気軽にお問い合わせ
いただければと思います。
【お直し関連URL】

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

採寸用に送ったスーツ、ついでに直してもらえませんか?

-

Q:採寸用に送らせてもらったスーツなのですがズボンのお尻が
破れてますので、着用する機会はもう無いと思います。
ただ、着心地もスーツの色柄もとても気に入ったものなので修理できればと
思っているのですが、、無理でしょうか?

A:採寸用にお送りいただいたスーツ拝見しました。
確かに破れてます。しかもかなり大きいです。
これをお直しさせていただく場合には、”かけつぎ”とか”かけはぎ”という
特別な技術をもった職人さんに依頼することになるのですが、¥10000ぐらいは
してしまいそうです。
また、仮にきれいに直ったとしても、このお尻の部分は力の入るところなので、
また裂けてしまわないとも言い切れません。
通常、このような部位のお直し、またご着用後年数のたったものの場合には、
”ミシン刺し”といいまして共生地であて布などをし同色のミシン糸でわかりづらい
ように上からガシャガシャと縫ってしまいます。
近目にはわかりますが、できるだけわかりづらいようなお直しはできるかと
思いますよ。
しかも、このお直し方法ならたったの¥1050程度です。。
また、このほか「パンツのウエストを採寸用パンツから3cm伸ばして
作りたいのだが、そのパンツもついでにウエスト調整したい。」
ノーベントジャケットサイドベンツにリフォームして気分を変えてみたい」
「釦が取れかかっているので、止めなおしたい。サイト掲載の本水牛釦に付け替えたい」
など調整も対応させていただけます。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

センターベントをサイドベンツに変更したいのですが?

-

お直しは出来ますよ。
また、逆にサイドベンツセンターベントにすることも可能です。
ベントはジャケットの背部分の開きのこと。
本来は、乗馬用ジャケットに由来する、ジャケット腰まわりを
楽にするためのものになりますが、デザイン的なお好みもあり、また
その時の流行によっても、ベントの開け方が違います。
胴まわりや肩巾をゆったりめにとったソフトスーツ、トラッドスーツの場合には、
ベントを入れないノーベントでも十分な余裕がありますが、着丈が短くタイトめな
スーツにはセンターベント、3釦2掛スーツなど釦位置が比較的高いジャケットには、
サイドベンツが相性が良いように思います。。
余談ですが、一度サイドベンツにした背広は胴回りの寸法を
伸ばすことが出来なくなります。
詰めることは出来ますが、サイドにすると割れたベントの切れ込み
部分の縫込み(縫いしろ)がほとんど取れなくなるため、伸ばせても
片側で3ミリ~5ミリ程度になってしまうことをご了解下さい。

【お直し関連URL】

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/

パンツの裾が擦り切れてしまいました・・

-

【Q】パンツの裾が擦り切れてしまいました。
まだまだ着れるスーツなのですが、そこだけが気になって仕方ありません。

【A】外回りの多い営業の方に多いご質問です。
そういう時には、5mmほど、擦り切れたキズが隠れるように
股下寸法を詰めてしまうのです。
少し、ズボン丈が短くなってしまいますが、5mm程度でしたら、
裾がささくれているよりは見映えがよいと思いますよ。
パンツの裾をシングルで仕立てている場合には、キズを隠すように
内側に折り込んでしまうため、キズは見えません。
裾ダブルの場合には、股下寸法が短くなることで、そのキズ部分が
折り返し巾の見える部分にあらわれてしまわないよう、詰める寸法に
よってはダブル巾に若干の調整をさせていただく必要がある場合があります。

パンツはどうしてもジャケットより傷みが激しいため、ジャケット+パンツ2本構成の
2パンツスーツでお仕立ていただいておくのもおススメです。
時間がある程度経過してしまいますと、同じ生地でパンツをオーダー
ということが、品切れのためできなくなってしまう場合も多くあります。

【お直し関連URL】

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/