オーダーでフォーマルスーツ
 Home <<礼服・フォーマルスーツ
  オーダーフォーマル(略礼服)
    秋冬フォーマルスーツ
    春夏フォーマルスーツ
  フォーマルスーツをオーダーするメリット
    寸法
    デザイン
  フォーマルスーツのおススメディテール
    アジャスター
    ベスト白衿
    シングルピーク
    ベスト
    ジャケット腰ポケットフタなし
  フォーマルスーツの種類
    ブラックスーツ
    燕尾服
    モーニングコート
    タキシード
    ディレクターズスーツ
    フロックコート
    ロングタキシード
  フォーマルスーツの歴史
  フォーマルに適した色
  フォーマル素材のあれこれ
  どうしてもお急ぎの方に既製フォーマル
  これだけは知っておきたい慶弔のマナー
  レンタルフォーマルとの比較
  フォーマルウェア講座からの抜粋

   ブラックスーツ(略礼服)

シングル礼服 ダブル礼服
ブラックスーツ(略礼服)は、1960年代高度成長期の新生活運動(冠婚葬祭の簡素化を目指した農村運動)の高まりとともに、全国に広く普及した日本独自のインフォーマルウエアです。
昼の準礼装であるディレクターズスーツをヒントに作られたこのブラックスーツは、昼夜の別なく、慶事・弔事・記念式典・公式行事とすべてに対応できるオールマイティーで便利な礼服として幅広く着られていますが、海外ではただの黒のビジネススーツとしか認識されていないようです。
当初、慶事にはモーニング用の縞ネクタイを合わせていたのですが、現在では白ネクタイに変わり弔事には黒ネクタイを用います。この合わせるネクタイの変化にも当時のフォーマル簡略化の波が伺えるところですが、最近では若い方を中心にインフォーマルスーツ(略礼服)ばなれが進む傾向があるようですので、こんな小物を元に戻してみるようなところから始めてみるのも良いかも知れませんよ。。
歴史的には礼装そのものが簡略化され、フォーマルウエア・礼服=ブラックスーツ(略礼服)となっている日本のフォーマル事情なのですが、寸法はもちろんのこと、上質素材で仕立てられたフォーマルスーツとそうでないものとでは、同じ色・同じ型のスーツを同時刻に着用することになるため、着用者同士の衣服の差が思ったよりも出やすいものです。ネクタイ・シャツ・カフス釦などの小物に少し工夫をしてみるのも良いですし、年数回の着用のため、いたまず長期間着用することになるフォーマルスーツを少し良い素材で仕立ててみるなど、7〜8年周期の礼服に若干の投資をしてみるのも、気持ちよく式典・行事に出席することができて、賢いご用意の仕方なのではないかと思います。。
黒のスーツに白ネクタイの組み合わせは、海外ではマフィアのトレードマークなのでしょうか、日本に来た外国人がホテルのロビーで、黒スーツ+白タイのおめでたそーに酔っ払った集団に出会うと怖がるということなのですが、それは”郷に入っては郷に従え”で、早めに慣れてもらいたいものです。年配の方の中にはこのブラックスーツ(=略礼服)が正しい日本の礼装と思っている方も多いようですので、日本のフォーマルスーツを、いかに品良く、かっこ良く着こなすかを努力することがとっても必要です。。
オーダーフォーマルスーツ・礼服祭り
アジャスター 【礼服まつり・アジャスターを無料オプション】
アジャスターはパンツのウエストを±8cm(計16cm)増減させることができるオプション。
ウエスト脇の金具をスライドさせて調整します。
秋冬フォーマルスーツ 秋冬フォーマルスーツ   春夏フォーマルスーツ 春夏フォーマルスーツ
メンズオーダー
 ・カスタムメイドスーツ
 ・Ex-madeラインスーツ
 ・ビスポークスーツ
■レディースオーダー
 ・レディーススーツ

 ・オーダーパンツ・スラックス
 ・カタログ
 ・オークション
■その他オーダー素材
 ・コットンスーツ
 ・リネンスーツ
 ・ニーディックコーデュロイ
 ・ニーディックベルベット
 ・フラノスーツ・ジャケット
 ・ハリスツイード
 ・オーダージャケット
 ・礼服、フォーマルスーツ 
■オーダーサポート
 ・オーダーコンセプト
 ・オーダーデザイン
 ・ご愛用スーツを送る
 ・かんたんメジャー採寸
 ・お支払い方法
 ・シロセット加工
 ・修理サービス
 ・修理調整
 ・FAQ
 ・PSRスーツスタイル
■会社案内
 ・会社概要
 ・広告表示義務
 ・お問い合わせ
 ・スーツ的ファッションブログ
オーダースーツ・ドットコム Pitty Savile Row